ニコレットガムの使用方法について解説します

ニコレットガムの使用方法

ニコレットガムはチューイングガムとは違うため、常に噛み続けることは危険な行為です。さらにニコチンが含まれているため、苦味もあります。非喫煙者は使用できませんので、ご注意ください。

ニコレットガムは正しい方法で使用しないと本来の目的が達成されないうえに効果が得られません。噛み方などにも特徴があります。さらに、ニコレットガムを服用中は飲み物を口にしてはいけません。

無理なく禁煙をサポートするニコレットガムは正しい方法で服用しましょう。

正しい使い方

二コレットガムは誤った方法で使用することで副作用を発症してしまう可能性があります。ここでは正しい使用方法を説明していきます。

まず、ガムをシートから切り離し1個取り出し口に含みゆっくり噛みます。

ここで大事なことは、ゆっくり噛むということです。急いで噛んでしまったり、普通のガムのように噛み続けるとニコチンが唾液とともに大量に出てしまい、頬粘膜からうまく吸収されずに飲み込んでしまうと、ガムの本来の効果が得られません。また、それだけではなく、胸焼けや吐き気などの副作用の原因となりますので絶対にやめましょう。

ゆっくり噛んでいくとニコチンの苦味を感じられます。そうしたら一度噛むことをやめ、しばらく頬と歯茎の間に挟んで口の中でじっとさせます。それをガムの味がなくなるまで右左交互に行います。これを30~60分ほどかけて行い、最後は紙などに包んで捨てましょう。

禁煙中に発症するニコチン離脱症状を軽くさせるためには、自身に必要とする量のニコレットガムを服用することが大切となってきます。

量の目安としては、禁煙してから4週目(1か月)までのニコレットガムの服用個数が、1日の喫煙本数31本以上の方はガム9~12個、喫煙本数21~30本の方はガム6~9個、喫煙本数20本以下の方はガム4~6個が目安となります。はじめから無理に個数を減らそうとせずに、無理なく徐々に減らしていくことが大切です。

使用期間

ニコレットガムは使用期間が定めれらており、最長でも3か月の使用となっております。ただ個人差があるため、もちろん3か月前にニコレットガムを中止しても禁煙を継続することができれば、終了しても問題はありません。

ニコレットガムは、まず、はじめの1か月(4週間)は、たばこが吸いたいという気持ちになった際に我慢せず、ニコレットガムを服用します。

ただし、1日最大24個までと決まっているので、超えることのないように注意しましょう。ニコチン離脱症状が特に強い1~2週間目は量を十分に服用することが大切となってきます。禁煙することに慣れてきた1か月頃(4週間目)からは、1週間ごとに服用個数を1日1~2個ほどずつ減らしていきましょう。

まとめ

これまで説明してきたように、ニコレットガムは正しく服用することで禁煙までの道のりをサポートしていきます。禁煙を開始した際は、はじめの1~2週間目は無理することなくニコレットガムを使用することがポイントです。1か月(4週間目)経過してから、段階的にニコレットガムを服用する個数を減らしていきましょう。また、ガムを服用している時は、絶対に喫煙することは禁止なので、しっかり守るようにしましょう。

ニコレットガムの使用期間は最長3か月がめどとなっています。ご自身の1日に吸うたばこの本数にあったニコレットガムの個数を服用して、ご自身にあった禁煙プログラムを組んで無理のないように禁煙達成に向けてニコレットガムを使用していきましょう。